脱落日記+
たまに更新するブログです
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
また激突要塞のこと
3ページコンテストーナメントpart2を開きました。
まだ第一回の募集期間の途中にも関わらず
既に12人が参加してくれています。

届いたメールの中に気になった質問があったので
それについて答えてみようかなと思います。

質問とは

3ページだと作れる要塞の種類がかなり限られてくるので
4ページにしたほうがいいと思ったんですが・・・


といったもの。

いい質問(提案?)だと思います。
ルール変えるわけじゃないんですが、
なぜ3ページなのか、4ページじゃだめなのか。
これについて書いてみたいと思います。
>>続きを読む
スポンサーサイト
テスト要塞理論
むかし話したことなんだけど、今回テスト要塞の問題について。

全部の要塞に対応する160以上の要塞と連戦してテストするより、
自分が使用するユニットや戦術なんかで分別して考えた方が
テストする側にとって負担が少ないんじゃないの?

って感じのお話。
>>続きを読む
最近ハマってること
最近は過去に自分がやり残したことを
徹底的に完成させるのが楽しいというか

そんなことにはまってます。

みなさんも立ち止まって
後ろを振り返って
徹底的に詰まった思い出を
叩きのめしたりして

自分の成長具合を確かめてみると
モチベーションにつながるかも。

前向きに前進することはとても大切ですが、
自分の成長を振り返って
安心感を得るのもいいと思います。
感想の前に
今回書き方が堅いかも。

2年ぶりに行ったチャットでステーキさんという方に出会いました。
彼(彼女?)は激突要塞!+における
今までの歴史をまとめたいと話してくれました。
要塞の基礎理論どうこうの前の段階、
すなわち概念であったり、考え方であったり、
または勝つためのチュートリアルのようなもの
それを今までの資料をまとめたのちで作りたいとのことでした。

すごい興味があるので協力したいと思います。
なので思い出せることを書いてみることに・・・
>>続きを読む
過去のブログ見てたら懐かしくなってたわー

永遠の0読み終わったので感想でも書こうかと。
こういう誰も見てないかもしれないところに
殴り書けるのはいいことですよね^_^
インターネット上にアップロードするんで
殴り書きのメモを誰が見てるかわからないっていう
怖さはあるけども。

早速感想なんですが、永遠の0は売れてるのが
納得できる素晴らしい本でした。

百田直樹が書いた戦争ものの本なんですが、
現代からの目線で、インタビューという形で
戦争を明らかにして行くという物語なんです。

ありきたりでしょうか。
でもこの本では元特攻隊員に話を伺うんです。
自分の読む本では特攻隊員=死という物が
多かったので新鮮でした。

内容のネタバレはあまり書きたくないので
なかなかうまくかけないところもあり、
ここから先は上手い書き出し方が思いついたら
別の記事に書こうと思っています。

では一旦ここら辺で
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。